闇金融とカードローン情報

闇金融なんかで借りないで信用の出来るカードローンを使うために

債務整理の中にある自己破産の手続き

ある個人が借金を重ね、返済しようとまた借金をするという多重債務は、利息を支払うためのようなもので元金は減ることはありません。このループに陥るとなかなか抜け出すことができないのでプロの法律家の助けを借りることが懸命です。

 

このように膨れ上がった債務整理の方法として「自己破産」があります。

 

自己破産は個人の債務者が裁判所に破産と免責を申し立てることで債務を免除してもらう方法で、多額の借金をなどを背負って支払いが出来なくなった人や会社を救済する制度です。手続きは個人で行うことも、弁護士をとおして行うことも可能です。

 

ただし誰でも自己破産できるとは限らず、「支払い不能である」と裁判所から認められた場合に自己破産できることになります。免責が認められない場合もあり、「免責不許可事由」というものに該当する場合はできない可能性がでてきます。たとえば、「浪費やギャンブルによる借金」や「返済可能と偽って新たに借入た場合」などの事由に当てはまる場合です。

 

また自己破産の手続きをしたから「免責決定」までは約6ヶ月程度かかることを考慮しなくてはなりません。

 

破産後のリスクとしてはカードを作れない、銀行から融資を受けれないがありますが、借金がなくなる分、精神的に非常に楽になります。

債務整理全体のデメリット
借金を整理すると信用情報におけるデメリットがいくつかあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ